HOME>特集>万が一にもトラブルには発展させないように

対応しているかどうかを確認

部屋

LED照明はコストが安かったり長期間使用できたりするメリットが魅力的ですが、どの器具にも使用できるわけではありません。必ず対応している組み合わせでなければならず、もし対応していない組み合わせで使用していると、火災が発生する恐れがあります。そのため、特にすでに備え付けてある照明をLEDに切り替える際には、その器具がLEDに対応しているかどうかを確認することが大切です。

種類も確認

セパレート

LED照明で使用する器具の種類は数が多く、中には光の量を調整できるものもあります。ただ、そのタイプはオーソドックスなLEDでは対応しておらず、専用のものを選ばなければならないことを覚えておきましょう。LEDだからといって、全てが問題なく組み合わせられるというわけではありません。

明るさも確認

電球

LED照明を使用する場合、明るすぎず暗くなりすぎないよう、器具や電球を計算して調整しましょう。LED照明に切り替えるのであれば、それまで使用していた照明の明るさがどれくらいか、電球や蛍光灯の表示で確認しておくと良いです。

取り付けられるかどうかも確認

電球

LED照明の器具を使用する場合、小型であればコンセントを使用しますが、部屋全体を照らすようなものは天井に取り付けます。その天井への取り付けにはプラグやシーリングを使用しますが、それが器具と対応しているかどうかもしっかり確認しましょう。

広告募集中