HOME>イチオシ情報>二酸化炭素排出抑制に寄与してくれるので導入メリットは大きい

省エネ効果と環境負荷低減に寄与する

イルミネーション

LED照明の器具を導入することで、設備のランニングコストを大幅に削減さることができるので、導入のメリットは大きいです。電気器具の寿命についても、蛍光灯などと比較すると大幅に長寿命なので、交換作業の手間を減らすことができるメリットがあります。また、毎月の電気料金も安くなるので、光熱費の削減につながり、二酸化炭素排出抑制に寄与することにも繋がっていきます。広くLED照明が普及してきていることもあって、器具本体の導入コストも以前よりもだいぶ安くなっていることから導入の検討はしやすくなっています。多くの電気工事業者がLED照明器具設置の対応が可能となっているので、相談先も増えています。

イニシャルコストをしっかりと把握

電球

LED照明器具の設置工事を依頼する場合、まずは自分の所有している建物が、LED工事に対応することができるかを確認しておくことが重要となります。築年数が比較的新しい建物であれば、導入しやすい場合が多いですが、古い建物の場合には、LED照明器具の設置に伴って幅広く付帯的な工事が発生してしまうことがあります。初めてそういった省エネ工事を検討している場合には、イニシャルコストをきちんと把握し、ランニングコストを含めてトータルのコストバランスを考えて導入を検討することが重要です。

まぶしすぎに注意して選ぶ

照明

初めてLED照明器具を導入する場合には、照明が明るすぎる点に配慮した計画を立案することが重要となります。選定するLED照明器具によっては、かなりまぶしさを感じることがあり、執務空間の場合、作業効率に影響を及ぼしてしまうことがあるので、注意が必要となります。照明器具は使用する場所や使途によって、適切な照度があるので、器具を選定する場合には、ベストな選択をすることができるように、しっかりと検証を進めていくことが重要です。

広告募集中